詳細を見る

小石川医師会50年のあゆみ

年/月 できごと
1956年(昭和31年)9月 文京区医師会から分離独立、文京区原町32番地に新事務所開設、第1期会長に須田信濃夫先生就任
1956年(昭和31年)12月 法人登記完了、文京区春日3-3(現小石川1丁目)に事務所移転
1958年(昭和33年)4月 第2期会長に三輪新一先生就任(その後、3期から4期重任)、医師会事務所、大久保薫先生の持ち家に移転
1960年(昭和35年)8月 小石川保健所からの結核予防、血圧測定調査に協力
1960年(昭和35年)10月 文京区保健課のがん、高血圧無料健康相談に協力
1963年(昭和38年)4月 予防接種、保健所から医師会へ移管
1964年(昭和39年)4月 第5期会長に栗田 豊先生就任
1966年(昭和41年)4月 「礫声」創刊号発刊
1966年(昭和41年)9月 創立10周年記念式典(椿山荘)
1968年(昭和43年)4月 第7期会長に木原役郎先生就任(その後、8期から9期重任)
1968年(昭和43年)9月 日本脳炎、インフルエンザ予防接種、医師会委託事業となる
1971年(昭和46年)3月 新医師会館完成(ドミ小石川マンション購入区分所有)移転と落成式典の開催(4月)
1972年(昭和47年)10月 第1回学術懇話会開催
1972年(昭和47年)12月 休日診療業務開始
1974年(昭和49年)4月 第10期会長に柴田誠爾先生就任、小石川医師会定款認可となる
1974年(昭和49年)4月 乳幼児健康診査、医師会委託事業となる
1976年(昭和51年)7月 ビールパーティ開催、その後恒例となる
1976年(昭和51年)7月 創立20周年記念式典(茗渓会館)
1978年(昭和53年)4月 第12期会長に武藤二郎先生就任
1978年(昭和53年)10月 第1回区民と医師会の集い
1980年(昭和55年)4月 1歳6か月児健診医師会委託事業となる
1980年(昭和55年)10月 文化展開催、その後恒例となる
1982年(昭和57年)4月 第14期会長に友成 正先生就任
1984年(昭和59年)4月 在宅寝たきり患者ショートスティ事業、医師会委託事業となる
1984年(昭和59年)10月 「礫声」創刊号発刊
1986年(昭和61年)4月 第16期会長に遠藤輝男先生就任
1984年(昭和59年)11月 創立30周年記念式典(?)、伊豆大島噴火災害対策
1988年(昭和63年)4月 胃がん検診医師会委託事業となる
1984年(昭和59年)12月 MMR混合生ワクチン開始
1990年(平成2年)4月 第18期会長に守谷林太郎先生就任
1990年(平成2年)4月 三種混合が個別接種へ
1991年(平成3年)3月 小石川医師会改革検討委員会答申
1991年(平成3年)4月 医師会の部会編成で5部会へ
1992年(平成4年)4月 第19期会長に上田和夫先生就任
1994年(平成6年)4月 訪問看護ステーション開設
1994年(平成6年)10月 予防接種改正案実施、集団接種から個別接種へ
1994年(平成6年)11月 文京シビックセンター落成式典
1995年(平成7年)12月 社団法人としての定款改正、東京都より認可、翌年1月登記
1996年(平成8年)4月 第21期会長に保坂泰夫先生就任
1996年(平成8年)6月 かかりつけ医推進事業開始、乳がん検診開始
1997年(平成9年)7月 第1回子育て支援セミナー開催
1998年(平成10年)4月 第22期会長に中原秀彦先生就任
1998年(平成10年)6月 かかりつけ医相談窓口設置
1999年(平成11年)11月 居宅介護支援事業所設立及び学校医79歳定年制
2000年(平成12年)4月 公的介護保険制度開始、診療報酬点数改正
2000年(平成12年)5月 小石川医師会館改修工事、6月完了
2001年(平成13年)10月 出産前小児保健指導事業「プレネイタル・ビジット」開始
2002年(平成14年)4月 第24期会長に松平隆光先生就任
2002年(平成14年)6月 肝炎ウイルス検査開始
2004年(平成16年)4月 新医師臨床研修制度開始
2004年(平成16年)6月 訪問看護ステーション10周年記念懇親会
2005年(平成17年)5月 「礫報」第50号発刊
2006年(平成18年)4月 第26期会長に浅野芳雄先生就任
2006年(平成18年)4月 MRワクチン接種開始
2006年(平成18年)9月 医師会創立50周年及び記念式典(11月フォーシーズンホテル椿山荘)
2010年(平成22年)4月 第27期会長に須田均先生就任
2013年(平成25年)4月  一般社団法人へ移行。名称を一般社団法人小石川医師会へ変更