詳細を見る

ごあいさつ

一般社団法人 小石川医師会

会長 中村 宏

ようこそ 小石川医師会HP

 

 

文京区では平成29年から胃がん検診に内視鏡が取り入れられました。胃がんの早期発見がより重要であるということで、胃がん検診の受診率が上がることも期待されます。小石川医師会でも文京区医師会、区行政と一緒になってプランを作り、精度管理のための読影委員会を設けてダブルチェックを行いより正確な診断を試みています。

 

医学は専門的に日進月歩していますが、医療には外来診療、入院治療、そして在宅療養という3つの形態があります。いつでも幅広く診断して的確にプライマリーケア(総合的に診る医療)を果たすべき「外来診療」、手術やカテーテル治療など短期間にダイナミックに病態を改善させる「入院治療」、そして家族とともに日常的な生活環境で療養を継続する「在宅療養」です。私たち開業医は、病気を診ると同時に患者さんと向き合っています。地域かかりつけ医の役割は、入院治療となるべき患者さんをより良い専門医療に結びつけること、そして退院して地域に戻られる患者さんの受け皿を用意することです。

医師会はこのために、病院と診療所との連携を図るとともに、薬剤師会、歯科医師会、訪問看護、居宅介護等の医療関係機関、施設との連携をとりながら、患者さんによりよい生活の場を提供できるように取り組んでいます。

 

高齢化が進み認知症を発症される方も多くなってきました。医師会では、認知症になっても尊厳を保ちつつ地域で暮らしていけるような仕組みを行政と協働して文京区全体で作り上げようとしています。医療・介護・福祉など多職種との連携をとりながら、同じ地域でより良い人生を送れるように、医療者としてだけではなく同時代の人として一緒に歩んでいきたいと考えます。

 

 また少子化は国全体の大きな問題ですが、文京区では幸いに、出生数が増え乳幼児が増えてきました。医師会としても子育て支援、予防接種、保育園医や校医などの活動を通して、健康格差をなくし将来を担う世代が健やかに育つようにしっかりと社会的サポートをおこなっていきます。

 

 政治、経済、気候等様々な場面で予測の困難な時代状況を迎えていますが、医師会員及び役員一同、力を合わせて精いっぱい地域医療に取り組んでまいります。  

 

                          平成2971